10日で願いが叶ったコツを思い返してみた

こんにちは。あなたの自由度をあげるヒーラー セントラルサン林 陽子です。

カリフォルニア3部作、最後はサンフランシスコでソウルファミリーとの交流です。

2010年当時はまだ私も結婚していたので(汗)義理の妹がおりました。彼女は米国人男性と結婚したのですが、ハワイに2年住んだ後、彼の両親がいるサンフランシスコに移り住んだのです。久しぶりに顔を見るためにお邪魔することにしました。

そこで出会った人たちと交流する中で感じたことをまとめます。

また帰りの飛行機で予想もしていなかったサプライズがありました。日本を出発する際に願ったことが10日後の帰国時に叶ったのでそのときのことも振り返ってみました。

カリフォルニア州サクラメント川周辺に何回も行かされている話

2018.09.02

シャスタ山巡礼、観光のおすすめは?

2018.09.27

サンフランシスコで義妹夫婦と再会

そもそもちょっと変わっているのは

義両親や夫を差し置いて、嫁の私が一人で義妹夫婦に会いに来ているということなのです。

彼女たちの結婚が決まったとき、まず義母がハワイまで義弟に会いに行くことになり、私が同行するということがありました。(義母一人だと空港内で迷う心配があったので)

そのときもなぜ血の繋がりもない嫁の私が…いっいいのかなぁ~?と思ったものです。(2年後のこの旅行の時点でまだ義父と夫は義弟と対面していません)

そんなわけで義弟のA君に会うのはハワイ以来2回目。このとき始めて知ったのですが、彼はサクラメントで学生時代を過ごしたそうです。

もはやサクラメントは秘密の暗号。彼とも遠い昔のご縁があるのだろうな。子供の頃から一緒につるんでいた友人関係とかかな~!?

アメリカって離婚して再婚して家族構成が複雑な感じだけど、A君のご両親も離婚していて義妹夫婦はパパと住んでいました。

ママはやはり新しいパートナーとベイエリアに住んでいます。

サウサリートへお買い物

ベイエリア1日目はA君のママ、A君の妹、Mちゃんと私の女子4人で対岸のサウサリートへお買い物。車でゴールデンゲートブリッジを渡るか、フェリーの運行もあります。

このときは男性陣に予定があり、フェリー乗り場まで送ってもらい船で出かけました。

サウサリートは昔は漁村だったみたいだけど、おしゃれなショップやレストランがたくさんあって高級リゾート地って感じ。私はペンダントヘッドをひとつ購入しました。

このときは天使に「私にふさわしいものがあれば出会わせてください」ってお願いしたら運良く欲しいメーカーのジュエリーに出会えたんですよね。(しかも50%オフで)

シャスタでもそのメーカーの商品があったんですが、一つしかなく好きなデザインでは無かったので見送っていました。数日後にたくさんの商品から選べるという機会に恵まれたことが嬉しかったです。

その後は迎えに来てもらってサンフランシスコをドライブ。町なかから高台まであちこち連れて行って貰いました。

なんの変哲もないキノコのディスプレイが可愛い。アメリカでもナメコ売ってるのか~。

そしてここでMちゃんに教えてもらったのがピーツ・コーヒー。

「正直ス◯バより美味しいと思うんだよね」

飲んでみたらむむむ!確かに!!ピーツ・コーヒーのほうが軽くて飲みやすい!私はス◯バのミルクが合わなくて、低脂肪乳にしてもらわないとお腹が痛くなるのですがこれは平気だった。

ピーツ・コーヒーは一度日本から撤退しているので、今後日本に来るのはどうかわかりませんが、渡米されたときは寄ってみてくださいね。

独立記念日はバーベキューパーティ

滞在2日目は独立記念日。この日は親戚筋が集まるとのことで、私たちはアボガドディップやアイスクリームの仕込みのお手伝い。

男子はバーベキューの担当。こちらは焼肉という感じではなく、あくまでもハンバーガーのようです。

合間にワンコと遊んだり1974年に造られたイギリス車でのドライブを楽しみました。

夕方に向けて続々と親類が11人が集まり皆でいただきまーす!

ママは料理はもちろん手先も器用。部屋にはいろいろな手芸の材料のストックがありました。

本棚にはエドガー・ケイシーの本があるし!なんだ、話が速いじゃないか!(笑)エネルギーワークしているって言っても当然変な顔しないし、あーいいな。こういうの。

ママは占星術に凝っているようで、随分と詳しかった。もうほとんど本を暗記して鑑定できるレベル。そしてホロスコープを持っていきなさい!とプリントアウトもしてくれた。

それから、アクセサリー。好きなものがあったら持っていきなさいということで、計3点を頂戴してきた。更に貝殻も別けてくれた。

「ママ~、私もう十分楽しんでるから…」と言っても次から次へと気を使ってくれるの。今回はママたちと過ごせて本当に楽しかった。ありがとう!

ソウルファミリーとの交流

2018年の世界の人口は約75億。一生で会う人の数より会わない人の数が圧倒的に多いと考えると、今まで出会った人たちは魂の成長を促してくれる相手だったと思います。

それはただ電車に乗り合わせた人とか、すれ違った人も含まれると思っています。その人達の言動を見て自分の内面が良くも悪くも動くからです。

サクラメントでゼニスの学びをしていたときに『この時代は苦しいことを長々と続けるよりソウルファミリーと楽しく成長していったほうがより速く目的に近づけるよ』のようなことを習いました。

ソウルファミリーとは人生において共通の課題をクリアしたり、仕事や活動において協力して何かを成し遂げる関係。家族や親戚、会社の同僚などある程度長い時間を共有する人たちです。

ある程度長い時間を共有するのがファミリーの条件のようなので、日本から来た私にとってはもう少し広い括りで軽めのグループだったのかな。

ただこの日は90歳を過ぎたおじいちゃんもいて、今日、ここに集まった人たちとはもうこの瞬間しか一緒にいられないんだなと頭で理解しつつ、確実にこの人達と一緒に過ごしていた前世があって、またここに集えたんだなと思ったんです。

旅の終わりのサプライズ!

翌日はとうとう帰国日。Mちゃんにサンフランシスコ空港まで送ってもらい成田へ向かいます。

行きの飛行機で【次はビジネスに乗りたいな~。いつでもビジネスに乗って旅を楽しめる私になれるようにサポートしてください】とお願いしていたことを思い出しました。

それでMちゃんにも「ファーストクラスとは言わないけどビジネスにはいつでも乗れるようになりたいなー」なんて話をしていたんですね。

さすがに飛行機に乗るだけだから、もう面白いことは何もないよね~でも、この旅はそう問いかけると必ず何かしらの答えが返ってきていたのです。

そしてやはり最後にスペシャルなギフトが待っていました。

搭乗を待っていたときです。何故かアナウンスがあり私が呼ばれました。カウンターで告げられたのは、ま、まさかの

ビジネスクラスへの…

アップグレード!!!

このときはほぼ満席だったようで、一人旅の私をビジネスへ移動させるとグループ客を入れられたようなのです。

しかもANAなので和食はバッチリではないですか!

シャスタ前にお寿司を食べてからお米を一切食べていなかったので本当に助かりました。噂には聞いていましたがシートの居心地のよさを堪能しサービスを満喫いたしました。

それはそのうち訪れたらいいな位だったのにそれがまさか帰りの便だったなんて。

10日前のアメリカ行きの飛行機の中で思ったこと【次はビジネスに乗りたいな】が叶ってる!

今考えると、この頃のやり方としては「こうありたい」という状況を宇宙に「お願いしまーす!」って投げていた感じです。

ちゃんと自分も整えます。

(1)グラウンディングする
(2)オーラを整える
(3)高次元の存在たち(宇宙)にお願いする

自分も守れて願いも叶う。下記の記事にまとめてありますのでご覧いただけたらと思います。

グラウンディングの本当の意味、方法、コツをまとめてみた

2018.05.06

過干渉の親にストレスを感じた時に試して欲しい3つの対処法

2018.05.11

天使は本当にいると納得した40代の男性の話

2018.06.06

カリフォルニアの旅まとめ

この旅はその日その瞬間を最高に過ごすための意図を繰り返し放ち、素晴らしい答えを受け取るという良い訓練になりました。

自分の知らない環境に身を置くことで敏感になり、自分に何が必要なのか、どうしたいのかが良く判りました。

これが日常になると、瞬間的なものより長期的なものにフォーカスしてしまうので次第に優先順位が曖昧になってきてしまう。これは私にとって今でもレッスンが必要な部分です。

どういう意図をしてどういう結果になったのか、いくつかお伝えすることができたと思います。

目の前に現れる現象の中にどんなメッセージが含まれ、どう受け取っていくのか、たまたまである、偶然であるとやり過ごさずに大切に扱うと流れにスムーズに乗っていけると感じています。

高次の存在たちはすべての人に愛とサポートを送っています。

皆さまが「これがそうなのかも?」と様々なサインに敏感になり、自己実現のサポートを受けとれるようになりますように。

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です