初心者のためのオラクルカードの使い方 こんなときはどうする?

(タイトル画像 セイント&エンジェルオラクルカード ”Vision”より引用)

こんにちは。あなたの自由度をあげるヒーラー セントラルサン林 陽子です。

オラクルカードの3枚引きまで記事をまとめてきましたが、今回は「こんなときはどうする?」編です。

リーディングのときには想定外のことが起こる場合があり、どのように処理していいかわからなくなるケースがあります。私なりのやり方ではありますが、いくつか紹介したいと思います。

初心者のためのオラクルカードの選び方

2018.11.28

初心者のためのオラクルカードの使い方 1枚引き

2018.12.03

初心者のためのオラクルカードの使い方 3枚引き

2019.01.01

オラクルカードをシャッフルしていると、カードがめくれる

カードをシャッフルしていると1~2枚のカードが落ちたりめくれることがあり、そのカードをメッセージとして採用していいものか迷うことがあると思います。

私の場合は基本的に採用しないのですが、時々「アレ?」と何かそのカードが物凄く気になることがあります。

それは1枚だけパラッと落ちるときが多いです。カードを見ると「ふむふむ、なるほどな~」と納得しますね。

カードが一度にバラバラ~と何枚も落ちるときもあります。この場合は集中してシャッフルできていないので、もう一度集中し直し再度シャッフルしています。

オラクルカードをシャッフルしているとカードが飛び出す

カードをシャッフルしているとぽーんと1枚勢いよくカードが飛び出すこともありますね。このカードは「ジャンプカード」とか「ジャンピングカード」と呼ばれています。

重要なカードと言われていますが、確かに納得せざるを得ないような力強いメッセージのときが多いです。

また、状況をそのまま現していることもあります。

これは友人で集まっていたときのことです。海外に数ヶ月行くことになった友人のひとりがカードを引いた時「Move ~ 動く ~」というカードが出てきたことがありました。

「まんまじゃん!」とその場にいた皆で笑いましたが、これは本人も前向きであるし、カードも応援している感じがしますよね。不安に思わずそのまま進めって言っているようでした。

カードが思い切り飛んだ時は、ぜひそのカードの意味をじっくり味わってみてください。

質問の答えではないようなカードが出る

時々、自分の聞きたいこととは全然違うようなカードが出てくることがあります。よくあるケースとしては

・自然の中に行きましょう
・入浴するなどしてリラックスしましょう
・ゆっくり休みましょう
・デトックス、身体に良いものを食べましょう
・お掃除しましょう

…等のリラックスやお掃除のカードです。このようなカードが出る時は、大抵はゆっくりすることができていなかったり、部屋が整っていないことが多いです。

(左から)

セイント&エンジェルオラクルカード日本語版説明書付(新装版) (オラクルカードシリーズ)
Pause 小休止
Sleep 眠り

マーメイド&ドルフィンオラクルカード(日本語版説明書付)新装版 (オラクルカードシリーズ)
Positive Energy ポジティブなエネルギー(掃除・風水を取り入れる)
Tranquility ほっとする瞬間

マジカルフェアリーオラクルカード(日本語版説明書付)新装版 (オラクルカードシリーズ)

Connect with Nature 自然と繋がる
Dietary Change 食事を変える

こういった場合は面倒くさいと思わずに一旦そのカードの指示に従うと吉。身体が休まればエネルギーも上がりますし、部屋が整えば思考も整理されるからです。

もちろんこれ以外のカードの場合もあります。その場合は何故、そのカードが出たのか少し考えてみてください。

何回もカードを引きたくなる

悪いカードが出てしまったので、もう一度カードを引きたくなるということがあると思います。これは願いが叶わないというより、現在の状況では心理的なブロックによりNGということなのだと思います。

逆に良いカードが出ているのにそれを信じられないのも同じですね。信じたいのに信じられない『何か』があるのだと思います。

その場合は自分のどんな思いが願いを成就するのに否定的になっているのか、内省をして自分の思い込みに気づいたのであれば手放していくことをおすすめします。

手放し方はこちらを参考にしてください。

子供は親を選んで生まれてくる~リミッティング・ビリーフを手放す~

2018.05.27

やってみてスッキリしないなーという場合は瞑想会や個人セッションで手放してくださいね。お待ちしております♫

まとめ

いくつかのケースを書きましたが、基本的にはルール作りはご自分でやっていただいてよいと思うのです。

カードに触れてしばらく経つと「自分がカードを引くとこんなルールになっているような気がするな」と気がつくことがあると思います。ぜひデータを蓄積していってご自分なりのリーディング方法を構築していってください。

もっとリーディングを深めたい!という方はこのような入門書もありますので参考にされると良いかもしれません。


オラクルカードリーディングブック

次回はオラクルカードの浄化について書いてみたいと思います。

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です