初心者のためのオラクルカードの使い方 1枚引き

こんにちは。あなたの自由度をあげるヒーラー セントラルサン林 陽子です。

別記事でオラクルカードについて紹介しましたが、今回は使用する際の注意事項、さらに実際に1枚引きでメッセージを引くところまでまとめてみたいと思います。

あまり堅苦しく考えず自由に使用していただければ良いのですが、参考になれば幸いです。

初心者のためのオラクルカードの選び方

2018.11.28

初めてオラクルカードを使う時の注意事項

カードの解説書に書いてあるのでお読みいただければ分かるのですが、カード購入後、初めてカードを使い始めるときはちょっとした儀式があります。

カードの束を手に取り、利き手でカードをコンコンと叩きます。これをすることにより、浄化ができると言われています。

さらにカードを1枚1枚眺めて「これからよろしくね」と信頼関係を結びましょう。

オラクルカードを引くための言葉を作る

気持ちはカードを引きたくてうずうずしているかもしれませんが、ここで宣言文を唱えます。

 

自分のためにカードを引くときは、なにかと邪念が入りがちだからです。

 

「良いカードが出て欲しいなぁ」という期待感でいっぱいだと適切なカードが出ないことがあるのですね(汗)

そこでエゴが入らない客観的な立場になるように設定します。

【例】◯◯さんの守護天使、私がメッセージを受け取るためにサポートしてくれるすべての光の存在をこの空間に召喚します。私は光の導管となり、◯◯さんのために最善のメッセージを受け取ります。

文章は自由に作ってくださって良いのですが、以下のポイントがあります。

ポイント
  • 客観的になるために自分を第三者とする。あなたのためにカードを引くので◯◯にはあなたの名前が入る(誰か他の人のためにカードを引くのならその人の名前を入れてください)
  • さらにその第三者の「私」には意志(エゴ)が入らない光の導管(メッセージを通すだけのパイプ)という存在であるとする

この言葉は毎回カードを引く前に心の中で唱えてくださいね。しっくり来るようにカスタマイズしてください。

オラクルカードの1枚引きをしてみよう

さあ、いよいよ1枚引きです。今回は私が自分のために1枚引いてみます。

まずは何のことについて聞きたいか考えをまとめます。今悩んでいることの答えが聞きたい、今日一日を過ごすためのヒントなど質問を設定します。

カードを充分に切った後、

・好きなところから1枚選ぶ
・カードをスプレッドし、1枚選ぶ

どちらでも結構です。

スプレッドとはカードの束を広げることです。前回の記事で「クロスはあったほうが良い」と書きましたが、カードが滑りやすくて綺麗に広がりますよ。

今回はこのカードを使って今、自分に必要なメッセージは何か聞くことにします。
エンジェルオブアバンダンスオラクルカード日本語版説明書付 (オラクルカードシリーズ)

「経済的な豊かさについてアドバイスが欲しいときにぴったりのカードです」ということで豊かになるためのヒントを貰いたいと思います。

オラクルカード1枚引き

【お題】私が豊かになるためのヒントをください

【結果】清貧の誓いを断ち切る

【清貧の誓いを断ち切る】というカードは「清貧・禁欲・貞潔の誓いは今世のあなたの妨げになりかねません」ということで、そういう考えはやめましょうねと言っています。

実は、数日前から何回かこのカードが出ていて「またこのカード出た」と思いました。

私はひとつのことを終えてから次のことをやりたいタイプなので、今も遊ぶことを若干制限している状況なので、意味するところは判ります。

このカードのイラストはフェニックス(不死鳥)のように感じます。贅沢と思い込んでいることを自分に許すことでエネルギーが上がり、やるべきことを短時間で片付けることが出来るーと頭では分かっていても

…自分では出来ていませんでした(苦笑)

もう少し遊んでエネルギーを上げたいとも思っていたので、まさにそのようなカードが出てきたなと思いました。

まとめ

(1)オラクルカードを初めて使うときは浄化する。手順は解説書にあります。

(2)カードを引くときに宣言文を作ることでエゴが入らない状態を作る→本来受け取るべきカードを引くことができる。

次回は3枚引きとカードの浄化について書きたいと思います。

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です