子供は親を選んで生まれてくる~二元性の学び~

こんにちは。あなたの自由度をあげるヒーラー セントラルサン林 陽子です。

読んでみたいテーマのご希望をいただきましたので今回は『スピリチュアルな視点からの家族』についてまとめます。ただ、ちょっとパートを分けて順序立てて書いたほうが良いテーマだったので分けて記事にしたいと思います。

今回はなぜ今の両親のもとに生まれてきたか、そのことについてです。

二元性の世界

私たちは、二元性の世界に身をおいていますね。光と闇、善と悪、優と劣など。

どちらかを選択するともう一方に対して否定する気持ちが生まれます。この否定は論争になり、最終的には戦争まで行き着いてしまいます。

その二元性の中で育つと以下のようなことを体験します。

二元性の事例

成績が良い、悪い
偏差値の高い学校、低い学校
スポーツができる、できない
モテる、モテない
うまくいく、いかない
お金持ち、貧乏
健康、病気
健常者、障害者

例えば自分が実現できないことを誰かが軽々とこなしていたら、内心穏やかではいられませんよね。

「アイツは恵まれているからそんなこと言えるんだよ」と嫉妬、妬みの気持ちが生まれます。さらに「どこがいけないんだろう?」「自分は能力がないのだろうか」等、自分にダメ出ししてしまいます。

こうなると、気持ちが落ち込んでいってしまいますね。

ではどうしたら良いのでしょうか?

スピリチュアルの世界では『すべてはひとつ』というワンネスの意識になることが大切だと考えられています。なぜなら地球に生まれる前、私たちの魂は宇宙と一体となっていたからです。

太極図が理解しやすいでしょうか?静止図ですが、実際はぐるぐる回って動いているそうです。円の中に白黒の勾玉があり、さらに勾玉の中にもそれぞれ相反する要素として小さい黒と白が入っています。ふたつの要素を内包しながらもバランスが取れていますね。

二元性のどちらも大切だという事例として、何が判りやすいかな…と考えた時に「呼吸」を思いつきました。息を吸う、息を吐くどちらか一方だけでは私たちは生きていられませんよね。

また男性、女性どちらか一方だけでは子供は生まれません。雌雄同体の生物もいますが、それは性別が変化するだけで必ずオス・メスが存在します。

どちらか片方だけでは私たちは生きていけないんですね。

二元性から自由になるレッスン

二元性の世界に生まれて何かしらの制限や困難を抱えている私たち。これまでに創り上げてしまった『様々な幻想』から自由になることが人生の課題です。

どんな課題が来るのかは人それぞれですが、もし今、苦しくてどうしていいかわからなかったとしても必ず改善することができます。

私も子供の頃から何をやっても上手くいかない感覚があり「何で自分は上手くいかないんだろう?」とか「普通の家に生まれたかった」とよく思っていましたが、

原因を外に求めても(誰か、何かのせいにする)問題は解決しないんですね。

なぜなら、今見ている現実は自分の内側の反映。自分の内面が外側の世界に反映されるからです。

もし自分の内側で不安や怒りがあるのなら、それが外側の世界で映し出されていると思いますので、積極的に感情を手放していきましょう。

家族を通して魂を磨いている

私たちは生まれる前に「こんな人生にしたいな」と自分の目標を設定してきます。そこには自分で造りあげてしまった幻想から自由になること、また人生で叶えたい夢の達成もありますね。

そのためには適切な時と場所を選ぶ必要があります。そこで家族というグループに身を置いて人生のレッスンを行います。宇宙の采配は完璧で、今の家族をちゃんと選んで誕生しているんです。

現在、家族との間でうまく行っていない場合、このことを受け入れたくないと思います。

その方はまだ準備ができていないので、ここで離脱していただいて結構です。あなたのタイミングでまたブログをご覧いただけたら幸いです。

忍耐という課題

ここで少し事例として私についての課題を紹介します。私が提供している魂の計画(ソウルプラン)では、名前から7つの数字を算出し、そこから人生の目的を見るのですが、

私は21という数字を持っています。私は人生の前半で21のチャレンジをすると算出されるのですが、とにかく忍耐。1にも2にも忍耐な感じ。子供の頃の私はまさにそんな感じでした。(どの数字にもポジティブな面とチャレンジングな面があります)

実際、私の家族は両親が身体障害、兄がダウン症で知的障害があるので、両親と兄のサポートをしなくてはならないことが日常化されていました。子供らしく振る舞うのはNGでしたし、希望が通りにくい。親から「こうして欲しい」という欲求がとても多い。

この数字があると「すごく大変」なのです。テキストには「魂の暗闇を経験」とまで書いてあります。しかも7つのうちふたつもあるのです。最初に知った時は心底がっかりしましたが(苦笑)大切なことは

『自分の中に忍耐ができる強さがあり、何かを成し遂げるためには地道な努力ができる』ということを知ることでした。

そしてこのソウルプランは1~22までの数字を使用するのですが、22は輪廻サイクルの最後の肉体化であることが多く(数字を持っててもそうでない人もいます)数字が高いほど困難なことが多いのです。

別のタイミングで先輩ヒーラーから「今回が地球で最後の人生と思ってやってください」と言われたこともあるので、腑に落ちました。自分の数字が嫌だなぁと逃げていても現実は良くならないのだからやるしかありませんよね。

本当にしんどかったですが、忍耐を学ぶために両親のもとに生まれてきたんだなぁと納得しています。

こんな感じで私は自分に起こったことをツールを使って理解することができました。

まとめ

私達は二元性の世界に生まれてきて一元性(ワンネス)の世界に戻るために、自分の内面を見て幻想を手放していくことが大切です。どんな幻想があるかは次回事例を出して詳しく説明したいと思いますが

今、困難な状況にいる方はまず「自分は被害者で、相手が加害者だ」という幻想を手放してください。そういう考えが自分の中から消えていくんだ、とぜひ決意してください。

また、現在ご家族との間で辛い現実がある方、誰かがトラブルメーカーになっていると思う場合でも、その人の内面も不安や悲しみ、苦しみでいっぱいなのかもしれません。

今回は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です